Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/727-d637a577

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「あの花夏祭inちちぶ Final」行ってきました!

はい。と、ゆーことで、8月31日、夏の終わりに秩父市で開催された「あの花夏祭inちちぶ Final」、参加してきました!
昨年の秩父での夏祭はトークショーとライブが整理券方式で、早いうちになくなってしまったということで、今回は、前日から乗り込んで、「座席エリア優先入場券」争奪戦に備えます。

……が、結局、当日は、徹夜組も含めて、僕らが到着した朝6時前の時点ですでに300名近くが列をなし。
「徹夜禁止」と書かなかった公式にも問題はあるけれど、それでもなくならない徹夜組には困ったものです。
「先着じゃないと手に入らない」という方式にも問題はあると思うんですけどね。
「当日、始発で来ても手に入らない」からこういうことしちゃう人がなくならないわけで。
始発組が到着した時間には、すでに、1,000人に迫る勢いで列ができていて、会場に到着した方々の悲壮と絶望が入り交じった顔を見るのはなんともつらいものがあります。
やはりね、こういうイベントって、有料、抽選でもいいから、参加したい全ての人に公平に権利があるようにすべきだと思うのです。

物販開始予定時刻の10時には、もう10,000人近く来てるんじゃね?位の勢いで、最後尾は遥か彼方。そして、物販開始前の物販スタッフの不適切な誘導により、一悶着があってグダグダに。結局、物販が開始されたのは、予定を30分以上も過ぎてからでした。
「予想をはるかに上回る」という言い訳を後でしていましたが、いやいやいや、十分予想できたでしょ!これは、運営側の認識が甘すぎたとしか言いようがありません。早朝からボランティアで参加して下さっていた、地元有志の方々にも失礼ですよ!

みんなありがとう
それでもなんとか、座席エリア優先入場券をゲット!

結局、その後の進行スケジュールもグダグダになって、12:00から予定されていた「開会宣言」が1時間押しになったり、その後行われた「あの花スタンプラリー 夏祭スペシャルVer.」も、いつのまにかラリーシートの配布が始まってていつの間にか終わってて…という、なんともお粗末なものになってしまいました。

が!そんなグダグダっぷりを帳消しにするように、トークショー&劇場版リバイバル上映&スペシャルライブは、素晴らしい内容でしたよ。トークショーには、通称『フラワーズ』(笑)こと・女性キャスト3名(めんま役:茅野愛衣さん、あなる役:戸松遥さん、つるこ役:早見沙織さん)と、メインスタッフとして、監督の長井龍雪さん、脚本の岡田麿里さん、キャラクターデザインの田中将賀さんの、計6名が浴衣姿で登壇。この6名がそろうのって貴重ですよね。これで、じんたん、ゆきあつ、ぽっぽがくれば、超平和バスターズ、ズルッとそろったな、になれたのに、ちょっと残念…
トークショーでは、その後のあなるとじんたん、ゆきあつるこ、ぽっぽについて、きっとこうなってんじゃねー?といった話や、長ーいタイトルは監督が勢いでつけたこと、じんたんTシャツは田中さんの遊び心で「白ネギ」Tシャツは田中さんが嫌いなものとして考えたのによりによってあんな大事なシーンに、等の話題で盛り上がり、最後に、公式サイトで募集していた「あの花に贈る感謝の言葉」を茅野愛衣さん、戸松さん、早見さんが読み上げ、会場はしんみりとした雰囲気に。
そして、そのまま『劇場版・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のリバイバル上映へ。この劇場版は何回も観たけれど、今、こうして、この場所、この時間を、何千人ものあの花ファンと共有している事に、ただひたすら感動。もちろん、劇場版の内容も、何度観ても感動もので、あちこちですすり泣く声が聞こえてきましたね。(一つ残念だったのは、音響の調整が悪かったのか、音が割れてしまってなんとも聞きづらくなってしまったことでしょうか。あと、上映中に、一時的に雨あしが強くなってしまったけれど、あれはきっと涙雨(笑))

そして、エンドロールが流れて、上映が終わり、そのまま、スペシャルライブ「secret base~君がくれたもの~」へ。2回目は、みんなも一緒に歌ってほしいということで、なんと2回も歌ってくださるという、サービスサービスゥ!(笑)
そして、歌も終わりに近づき、最高に盛り上がったところで。

夏の終わりを惜しむかのように、秩父の夜空に花火が打ち上がりました。何発も、何発も。

あれは本当に素晴らしかった!涙でました。
最後の挨拶で、田中さんと岡田さんが涙声になっていたのも印象的でした。

そして、そして、最後の最後で重大発表が!!

ANOHANA PROJECT、完結。

新プロジェクト、始動。

監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里、
キャラクターデザイン・田中将賀、制作・A1-Pictures。

「青春群像劇」第2弾。

劇場版完全新作アニメーション。

2015年、公開。


キターーーーーーーー!!!!!!
情報によると、今度の新作も、ここ、秩父が舞台になるらしい。楽しみすぎる。

まだまだ、秩父に通うことになりそうです。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/727-d637a577

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。