Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/637-5a287327

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

北の国から・ホッケードーツアー

あんたら、そんだらこといったらきりないっしょ!

つーことで、1月28~29日にかけて、ホッケードー…じゃなかった、北海道は富良野まで、スキー&観光ツアーに行って参りました。
1泊2日の強行スケジュールだったけど、往復航空券、新富良野プリンスホテルの宿泊にリフト券、パーティー参加券、温泉利用券、ふらの歓寒村入場券、バスツアーまでついて3万円ちょいというのは、かなりオトクなんじゃないかねぇ。

28日、羽田空港を朝6:30に出発して、新千歳空港到着が8:00ごろ。気温、-19度!とか言ってたけど、思ったほど寒く感じなかったのは、晴れてたのと、風がなかったのと、思いっきし防寒対策してったからかな。そこから富良野まで、シャトルバスで約2時間半。これでも、道東自動車道が去年の10月に占冠まで開通して、かなり行きやすくなったらしいですよ。んで、当日は、富良野スキー場でスキー三昧。北海道の雪って、パウダースノウで、確かに滑りやすいんだけど、あまりにも寒すぎて、ところどころ凍っちゃってて、ガリガリ君みたくなってましたな(^^;)
んで、夜は、ふらの歓寒村でスノーチュービング体験したり、
ふらの歓寒村 ふらの歓寒村
パーティではビンゴ大会やら、本場YOSAKOIソーランの演舞やらがあったりと、
よさこいソーラン
日頃のウサ晴らしも兼ねて、結構、楽しませてもらいましたよ!そうそう、せっかく観光に来たのに、デジカメ、忘れてっちゃったんですよ。アホですね。なので、ケータイのショボい写真しかありませんが、許してね。

2日目は、ホテルが用意している、無料観光バスツアーへ。コースが2つあって、日替わりで運行しているそうだけど、この日走っていたのは、メモリアルロードっていうコース。ホテルを出発して、「北の国から」資料館→富良野ジャム工房とアンパンマンショップ→拾って来た家-やがて町→富良野チーズ工房→ホテルというコースを、半日でまわります。
拾ってきた家というのは、麓郷地区にあり、「北の国から2002遺言」で使われた五郎さんの4番目の家、雪子さんのアトリエと住居、正彦とすみえの家、純と結の家などが立ち並んでいます。これらはすべて、五郎さんが、捨てられていた廃材を利用して作った家、ということになっています。
拾ってきた家01
純と結の家。家の前のメッセージに注目!この家は、排ガス規制で使われなくなった廃バスをメインに作られています。
拾ってきた家02 拾ってきた家03
内装、まんまバス。それでも、ちゃんと家になってしまっているところが、すごいです。五郎さん、一級建築士になれるんじゃない?(笑)

ホテルに戻って、ホテルの周りを散策。今月21日にオープンしたばかりという、「富良野・ドラマ館」に行ってみます。ここは、倉本聰氏が富良野を舞台としたテレビドラマ3部作「北の国から」、「優しい時間」、「風のガーデン」のオリジナルグッズを販売しているところ。グッズ以外にも、写真の展示なんかも行われています。
富良野ドラマ館01
店舗は昭和17年頃の富良野駅開業当時を再現しているそうで、
富良野ドラマ館02
駅をモチーフってことで、鉄っぽいものもちらほらと(笑)。

風のガーデン
珈琲・森の時計もありました。ここは、ドラマ「優しい時間」で主人公が開いた喫茶店なのだそうですが、僕はこのドラマ知らないのでよくわかりませんスミマセンw

てなことで、慌ただしいながらも充実した2日間でありました。今度は、ラベンダーの咲く頃にでも、訪れてみたいな。


………んでも、今回の旅行での一番の収穫は、新千歳空港が思った以上にカオスだったこと。
新千歳空港海洋堂展
………なんじゃこりゃぁ(笑)思わず立ち寄ってしまったじゃなイカ!
新千歳空港アニメイト
もう閉店時間を過ぎてしまっているが、空港にまで侵略するとは、たいした度胸じゃなイカ!(笑)

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/637-5a287327

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。