Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/622-e5b07bb9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今日も秩父巡礼、そして、夜祭へっ!

はい、と、いうことで、行ってきましたよ、秩父夜祭!

当日は、臨時列車も多数運行されましたが、すでに特急は満席、ホテルも満杯、との情報。
でも、ちょうどいいバスツアーがあったんですよね。ぽけかる倶楽部の、秩父夜祭バスツアー。3日の午前中に東京(新宿)を出発し、昼頃に秩父到着。基本、自由行動で夜祭を最後の花火まで鑑賞した後、秩父を深夜に出発。途中、高速のSAで時間をつぶして、始発が動く朝5時頃に東京に着く、というもの。

と、いうことで、当日は、冷たい雨の降る中、朝9時半頃に新宿を出発……の予定だったのが、出発時間になってもいっこうに人が集まらない。まぁ、当日は、電車の事故とか、いろいろあったみたいなんだけど、結局、30分程遅れてバスは出発。途中、渋滞にハマるかと思ったけど、案外そうでもなく、最初の予定どおり、12時半頃には「道の駅ちちぶ」裏の駐車場に到着。この頃には、雨も小振りになってきていました。
秩父神社まで移動して、ここで解散。夜の出発まで、原則自由行動になります。と、ゆーことで、夜の笠鉾・屋台行列まで、しばし時間をつぶすことにします。

秩父夜祭
そういや、5回も秩父に来てるけど、秩父神社って、1回も中に入った事なかったな(汗)、なんて事を、今さらながら思い出し…
秩父夜祭
中に入ってみたら、そこは、いつもと違う別世界が広がっていました。
秩父夜祭
参拝にも長蛇の列が!でも、今日、ここをスルーするわけにはいかんでしょう。だって、この神社のお祭なんだから!
秩父夜祭
舞台では、伝統的な神楽が行われていました。

そんな伝統的な行事の中でも、痛絵馬ウォッチングは欠かせません(笑)。『あの花』とともにイカ娘に侵略されつつるのをちょっと感じましたが、その中で、ひときわ輝いていたのが…
秩父夜祭
この、シンプルな絵馬。僕の頭に電撃が走りました(笑)。

神社を出て、見慣れた市内を探索してみます。
秩父夜祭
八幡屋本店さんの前の自販機が、痛仕様にレベルアップしていました(笑)。ピンクのものは市内でも何カ所か見られますが、白ヴァージョンは貴重なのだそうです。
秩父夜祭
いつもは静かな町並みが、この日ばかりは一変しています。

秩父夜祭 秩父夜祭
秩父5回目にして、やっと来ることができました。まめちゃん家の駄菓子屋『秘密基地』です。元・倉庫だった場所を、有志の方々が再現してくれたものだそうで、手作り感満載の、まさに作品への「愛」があふれる場所になっていました。ここのお母さんが、また、とってもいい方で、いろいろ、お話しさせていただきましたよ。本当に、おせわになりました。また、行きますからね!この場所、なにやら、お金を取られるんじゃないかと思って入るのを躊躇する方がいらっしゃるそうなんですが、無料ですからね、無料!(でも、グッズとかは買ってあげた方がきっと喜ばれると思います。)中には、ANOHANA
FES.の台本だとか、レア物が展示されていて感動モノです。あの花ファンなら、行くべし!な、場所なのであります。

そして、秩父の町が夜の闇に包まれるころ、ついに、メインイベント、笠鉾・屋台行列が始まります。
秩父夜祭 秩父夜祭
え~……僕のへっぽこデジカメは夜景に極端に弱い上に、この頃にはバッテリーがピンチに陥っていて、だましだまし撮っていたせいもあって、肝心のメインイベントにろくな写真がないのですが、実際に目の前で行われているそれは、圧巻と言わざるを得ません。こればっかりは写真では伝わらないので、これは、もう、実際に、見てもらうしかないですよね。ということで、今年、来られなかった方は、来年を楽しみにしていましょう(早っ)

秩父夜祭
はっ、花火はねっ、写真撮るのがね、とっても難しいんだからね!タイミング合わないし、手ブレはするし、あんな、ポスターの写真みたいにきれいに撮れないんだからねっ!(笑)
つーことで、こんな写真しかありませんが、この、花火大会で、秩父夜祭はグランドフィナーレを迎えます。フィナーレといっても、夜7時半頃から打ち上げが始まって、夜10時頃まで続くんですから、壮大なフィナーレですよね。

と、いうことで、秩父が熱く燃える日を堪能した1日でありました。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/622-e5b07bb9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。