Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/602-1d466f3a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

あの花・聖地巡礼 秩父の旅 しょの参

3連休の後半は、なんやかんやと、すっかりハマってしまった、秩父・巡礼の旅。今回のメインは、25日のイベント・ANOHANA FES.なんだけど、過去2回の巡礼で行きたくても行けなかった場所があるので、そこを目指します。今回は1泊&バス利用なので、秩父漫遊きっぷを有効活用させてもらいました。

西武秩父駅 西武秩父駅
イベント前日にも関わらず、西武秩父駅は気合いが入りまくりでした(笑)。

あの花記念乗車券
そして、目的第1段の、西武秩父駅限定・あの花記念乗車券を購入。発売開始日当日には、結構な列ができていたらしいですが、24日の昼時点では、並ぶ事もなく、あっさりと購入出来てしまいました。限定5000セットの、3626番。
あの花記念乗車券
アップにすると、こんな感じ。乗車券を外すと、台紙に幼少期のイラストとキャラ紹介が書かれてる仕掛け。

今日の目的地の龍勢会館は、西武秩父駅から、吉田元気村行きのバスに乗車し、約40分。土休日は、1日5本しか走っていないので、これからバスで巡礼される方は、事前にしっかり時刻を確認しておきましょう。
龍勢会館
龍勢会館に到着!毎年10月の第2日曜日、ここ、吉田地区で行われる、椋神社例大祭は、別名龍勢祭と呼ばれ、親しまれています。『あの花』作中で重要アイテムとして出てきた「花火」。まぁ、花火というより、原理的にはロケットなんですが、伝統的に、27の流派によって脈々と守り伝えられている手作りロケット「龍勢」を、作中にも登場した、あの櫓(発射台)から、豪快に打ち上げます。その「龍勢祭」を、映像と展示物で紹介しているのが、ここ、龍勢会館なのです。なので、メインはもちろん、「龍勢祭」の紹介なのですが…
龍勢会館あの花コーナー 龍勢会館あの花コーナー
今なら、もちろん!『あの花』コーナーも絶賛公開中です!しかも、龍勢会館の展示物を見るには入場料が必要ですが、ここは、入口はいってすぐのところにあるので、タダです、タダ!でも、せっかくここまで来たんですから、ぜひ、展示物も見ていく事をオススメしますよ、特に、大型スクリーンで祭りの映像を上映しているのですが、これは必見です!お祭り当日以外は、リアル・めんまの花火は、ここでしか見られません!w


そして、龍勢会館から、のんびり歩いて約10分。ついに、あの場所へ到着です。
龍勢櫓
あ、あれれぇ???せっかくここまで来たのに、近づく事、できないんですかぁ???(泣)
でも、あきらめきれないので、ダメモトで、関係者と思われる方に確認してみました。そしたら、あっさりOK。いやぁ、さすが、秩父の方は、心が広い!(嬉)と、ゆーことで……
龍勢櫓
ついに、この場所に到達いたしました!いやぁ、近くで見ると、感激です。先ほど、龍勢会館で、「あの花カード」というものに記入してきたんですが、今年のお祭りでは、「超平和バスターズ」が龍勢を奉納し、このカードをつけて、龍勢を打ち上げるそうです!
◎ 製造流派・・・翼天飛流
◎ 奉納者名・・・超平和バスターズ
◎ 打上順番・・・15番
◎ 点火時刻・・・13時

これはもう、龍勢がここから上がるところを、実際にこの目で見ないわけにはいかんでしょう。つーことで、
10月9日、龍勢祭を見に行くことにしたので、賛同者絶賛募集中!(笑)

もちろん、周りを見渡せば、どこかで見たような景色もあるわけで。
龍勢櫓
さーくんが登場するのはおそらくこの道。めんま、消えなかった…というのも、おそらくこの方向。
龍勢櫓
そして、打ち上げを遠巻きで見ているのが、おそらくこのアングルから。

つーことで、夕方まで、吉田近辺をのんびりと探索。そーいえば、龍勢会館には、『あの花』の痛車が止まっていたけど、さすがに人様のクルマなんで、写真はご勘弁を……

そして、翌日は、ついに、ANOHANA FES.へ!
(つづく)


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 [2012年 カレンダー]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 [2012年 カレンダー]
(2011/11/02)
不明

商品詳細を見る
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/602-1d466f3a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。