Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/587-848fe6bf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

GW鉄分補給レポート しょの弐

つづきでございますよ。

ムーンライトえちご

新宿駅5番ホーム。23:10発・臨時快速『ムーンライトえちご』で、新潟に向けて、出発です。
ムーンライトえちご
いやぁ、いつもの通勤電車だったら、座った途端に爆睡モードなんですけど、なんかこう、いつもと違う列車に乗り込んでしまうと、ちぃと興奮して、なかなか寝付けないもんですね。

あっという間に日付が変わって、4日の午前1時過ぎ、高崎駅に到着です。

急行能登
ここで、こちらも臨時になった、急行『能登』とご対面。『能登』は、やや遅れて1:15頃に高崎駅にやってきました。ここで、『能登』号が『ムーンライトえちご』を抜き、一路、金沢を目指していきます。この『能登』も、いつか、乗ってみたい列車であります。

高崎を出発した『ムーンライトえちご』は、上越線を北上していきます。
この後の記憶がおぼろげなのですが、きっと、うつらうつらしてたんでしょうねぇ。
気が付いたら、次の停車駅、長岡でした。時刻は、3:55。
この後は、見附→東三条→加茂→新津と、こまめに停車しながら、一路、終着駅の新潟を目指して、走ります。

新潟駅駅名標
4:51、定刻通りに、新潟駅に、到着~。

この後は、9:43発の『D51ばんえつ物語』を待つだけですが、出発まで、あと5時間近くあります。時間をつぶさないとね。

新潟というところは、僕が中学・高校を過ごしていた、とても思い出深い場所でもあるのです。
と、いうことで、ちょっくら、懐かしい風景を、見に行ってみることにしました。

越後線
新潟駅5:00発の、越後線の始発列車で、昔住んでいた、関屋駅を目指してみます。

関屋駅
これが、今の関屋駅。僕が住んでいた頃は、木造の小屋みたいな駅舎だったんですが、こんな立派な橋上駅舎に進化していました。

ここからは、昔住んでいたあたりをぶらぶらしながら、ふたたび、新潟駅方面へ戻ってみます。駅でいうと、ちょうど2駅分、歩くことになるわけですね。う~ん、こりゃ、いい運動だわ(笑)

新潟市内01
信濃川の流れは相変わらず雄大でした。
白山駅
通学でよく使っていた、白山駅は、当時の面影を、残しておりました。が、この駅舎も、再開発が進んでいて、ここ1、2年の間に、変貌を遂げる事でしょう。この駅からほど近いところに、僕が通っていた高校があったのですが、その高校も、今は郊外に移転して…
新潟市内02
跡地はこんなんなってました(^^;)
新潟市内03
昔からの繁華街・古町にも、高層ビルが建ち並んでいました。
新潟市内04
万代シティ近くの信濃川河川敷では、テレビ局とのタイアップで、お祭り(信濃川感謝祭)の準備中でした。

新潟駅に戻ってきました。いよいよ、いよいよです。
新潟駅案内表

D51キターーーーーーー!!!!!
D51ばんえつ物語01
D51によるイベント列車は、以前、水上に行く時も、『EL&SL奥利根号』で乗車しましたが、やっぱり、SLは、いつ見てもええなぁ…
磐越西線も、会津若松までは、初乗車だからね。

ここからは、写真でお楽しみ下さい。
D51ばんえつ物語 D51ばんえつ物語
D51ばんえつ物語
やたら元気な車掌さん。
D51ばんえつ物語 D51ばんえつ物語

そして、会津若松に到着~ぅ。
会津若松駅
会津地方はかなり内陸部にあるとはいえ、震災と原発でWパンチの福島にとっては、観光客はお宝に等しいのでしょう。めちゃくちゃ、熱烈歓迎されてしまいました。
会津若松といえば、白虎隊やら、近藤勇の墓やら、見所は、たくさんあるのですが、さすが、GWだけあって、道路がメチャ混み。駅前から乗車したバスは、遅々として進みません。

鶴ヶ城天守閣
もう、時間が無くなってしまうので、会津若松といえば、ここ!赤瓦に葺き替えたばかりの、鶴ヶ城の天守閣です。内部は博物館のようになっていて、会津地方の歴史を学ぶことができます。
お城ボくん
そして、会津若松といえば、ボヤッキー……じゃなくって、タツノコプロの笹川ひろし氏の、出身地であります。鶴ヶ城をモチーフにした、会津若松の観光PRキャラクター「お城ボくん」は、氏のデザインによるものだそうです。

あいづライナー
そして、帰りは、583系快速『あいづライナー』で、会津若松から郡山へ。郡山からは、東北新幹線経由で、帰路へ。

こうして2日間に渡る旅は、幕を閉じたのでした。いやぁ、しっかし、下ろしたての靴で、あんまり歩き回るもんじゃないね。足の小指が靴に当ってしまい、ちょっとした靴づれ状態に。楽しかったけど、ちょびっと痛かった、鉄分補給の旅でした。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/587-848fe6bf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。