Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/586-b56abab4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

GW鉄分補給レポート しょの壱

飛び石連休の後半は、最近ちょっとお疲れ気味なので、気分転換を兼ねて、恒例の、鉄分補給の旅に出ることにいたしました。
今回のメインは、福島を応援する意味も兼ねて(?)、D51が走る、『D51ばんえつ物語』に乗車すること。まぁ、連休前半はほとんど無計画だったし、D51だから、きっともう指定券なんぞ取れないだろうと、ダメモトで『えきねっと』で調べてみたら、なんとまぁ、まだ、空きがあるじゃないですか!それなら…ということで、3日の『ムーンライトえちご』で新潟入りして、4日のD51に乗車してやろうじゃないかと、時刻表とネットを参考にしながら、即興で計画立ててしまいました。
ついでなので、3日は、ホリデーパスを購入して、ちょいと乗り鉄してやれ、ということで、そのプランも立てていたのですが…

当日、3日の朝。日ごろの疲れがたまってるせいか、ついうっかり、寝坊してしまいました。が~ん。プランでは、南越谷8:00発の『ホリデー快速鎌倉』で、武蔵野南線(鉄な方ならご存知かもしれませんが、武蔵野線の終点・府中本町から鶴見へ抜ける路線。普段は貨物列車しか走っていないので、なかなかこの区間を乗れる機会はない。)経由で鎌倉に抜けるプランだったのですが、1本電車を逃してしまいまして、どうやっても追いつけない。こりゃダメだと思って、急遽別プランを練ります。『ホリデー快速河口湖3号』で、立川に抜けるプランです。と、ゆーことで、北朝霞で下車して、列車を待つことにします。
………が、あれれぇぇ??なにか様子がヘンですよ。

ホリデー快速運休

なななななんですとぉ?????

結局、寝坊しようがしまいが、『ホリデー快速鎌倉』号は運休で、ついでに『ホリデー快速河口湖3号』も運休で、結局、乗ることはできなかったっつーことじゃないですか。しょーもなー。

ま、ホリデーパスなんで、エリア内なら、ルートはどうにでもなります。

ホントは、鎌倉をちょっと散策して、江ノ電乗って、その後、普段まったくといっていいほど乗る機会のない、鶴見線に乗ってみようというプランだったのですが。

こちらも、普段まったくといっていいほど乗る機会のない、相模線に、乗ってみることにしました。

ホリデー快速が走っていないので(でも、『ホリデー快速おくたま』『ホリデー快速あきがわ』は、走ってたみたいなんだよな…)、定期列車を乗り継いでいきます。北朝霞から、武蔵野線で西国分寺へ。そこから中央線で、八王子に向かいます。

八王子からは、横浜線で、橋本へ。

橋本からは、これまでまるっきり乗る機会のなかった、相模線に初乗車です。
相模線
ちょっと特徴的なデザインの205系500番台で、茅ヶ崎へ向かいます。

茅ヶ崎からは、東海道線で藤沢へ。

ここからは、ホリデーパスからちょっと外れて、江ノ電へ。当初の予定では、鎌倉→藤沢に乗車予定だった江ノ電ですが、逆から来てしまったので、藤沢→鎌倉に向かうことにします。GWだけあって、さすがに江ノ電は、混んでましたなぁ…
江ノ電01 江ノ電02
自慢じゃないですが、実は、江ノ電も初乗車だったりします(汗)。いや、藤沢や、鎌倉や、江ノ島は、何度も行った事ありますけど、なぜか、江ノ電って、まるっきり、乗る機会がなかったんですよね。
いやぁ、噂には聞いていたけど、本当に、民家スレスレを、走るんですね(笑)。
江ノ電鎌倉駅
鎌倉駅に到着ぅ~。

当初のプランでは、鎌倉をちょっと探索予定だったんですけど、予定が狂ったので、そのまま乗り鉄続行です。

鎌倉から、横須賀線→京浜東北線で鶴見駅へ。

ここからは、当初の乗り鉄プランに戻ります。なにせ本数が極端に少なくなるので、1本逃したら大変です。
鶴見線乗り場 鶴見線
こちらも初乗車!鶴見線です。乗り鉄でなければ、まず、乗る機会のない路線でしょう。そのほとんどが京浜工業地帯へ向かう短い路線であり、普段は、沿線住民か工場関係者でなければ、乗る必要のない路線です。
まずは、鶴見→海芝浦支線の終点・海芝浦へ。
海芝浦駅01 海芝浦駅02
海っぺりのどん詰まりにあるこの駅、「外に出られない駅」として、一部では有名な駅となっており、こんな寂しい駅ながら、「関東の駅百選」にも選ばれております。
海芝浦駅03
駅からはそのまま「海芝公園」という公園に入る事ができます。その右手にちらっと見えるのが、駅舎なのですが、この駅舎、東芝の京浜事業所の海芝浦門を兼ねておりまして、東芝の社員か関係者で、社員証か入門許可証を所持している人しか駅を出ることができないようになっております。
が、逆にこれがマニアック度をアップさせておりまして、こんな駅なのに、お仲間がちらほらと(笑)。
とにかく、関東の乗り鉄を制覇するには、避けては通れない路線なのであります。

鶴見線には、もうひとつ、大川駅へ向かう大川支線というのがあるのですが、これがもう、休日は1日に3本しか電車が走らないという、超マイナー路線でありまして…
これを待っていると、本当に日が暮れてしまいますので、ここは、またの機会ということにして…

海芝浦駅から、浅野駅まで戻り、鶴見線の本戦で終点・扇町駅を目指します。
扇町駅01 扇町駅02
これまた、こんな機会でもなければ、まず、来ることはない駅でしょうなぁ…この駅、猫の撮影スポットとして知られているそうですが、確かに、駅の中にも、やたらと猫がたくさんおりました。
扇町駅03
ホームには、国鉄時代のデザインの、懐かしい駅名標も……

扇町駅から、再び鶴見線で浜川崎駅へ戻ります。
浜川崎駅01
浜川崎駅では、南武線(支線)に乗り換えるのですが、ここも、ちょっと珍しい構造になっておりまして、同じJRの駅なのに、一旦外に出て、道1本渡らないと、乗り換えが出来ないのです。
浜川崎駅02
これは、鶴見線のホームから撮影した物ですが、道一本はさんで、反対側に、駅の入口が見えるでしょ。これが、南武線(支線)の浜川崎駅。東京近郊区間で、一筆書きの大回り乗車をするとき、途中下車はできないんですが、この駅だけは、唯一、駅の外に出ることができるのです。(駅舎は別だけど、途中下車したことにはならない。)この話、『鉄子の旅』でも、出てきましたよね?
ちなみに、この駅、鶴見線・南武線(支線)の駅それぞれに簡易Suica改札機が設置してありますが、もし、ICカードで乗り換える際は、タッチせずに乗り換える必要がありますのでご注意のほどを。

南武支線
浜川崎からは、南武線(支線)で尻手へ。そこからは南武線(本線)で武蔵小杉へ。武蔵小杉からは、湘南新宿ラインで渋谷へ向かいます。

鉄道フェスティバル2011渋谷
渋谷でちょいと小休止の後、東急東横店へ。東急グループ主催による、鉄道フェスティバルが開催されておりました。
ここで、向谷実氏のライブをしばし堪能します。

再び渋谷駅へ。山手線ホームにある、ウワサの「どん兵衛 渋谷駅ナカ店」へ。震災の影響でしばらく休止していたらしいですが、僕が行った時には、無事、営業しておりました。
どん兵衛01
ここでは、なかなか目にすることができない、地方限定品の「日清のどん兵衛」を食することができます。
どん兵衛02
一番人気という、東北限定の「芋煮うどん」というのを、オーダーしてみます。オーダーすると、お湯を入れて、砂時計(5分)と一緒に、渡してくれます。

………このまま、5分待つのか……

味は、さすがにどん兵衛、そこそこに美味いです。が……普通のどん兵衛との違いが、いまひとつ、よくわかりませんでした(笑)
期間限定で営業中らしいので、興味のある方は、お早めにどうぞ。(本当は、5月までの予定だったけど、好評につき期間延長、されたらしいです…)

この後は、温浴施設でしばしの休息を取った後、いよいよ、夜の部~明日のメインイベントへ突入ですが…
長くなったので、今宵はここまでっ!
(つづく)

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/586-b56abab4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。