Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/545-5271868f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ワタルナイトでサプライズ!

いやいやいや、まぁ、なんだか、いろいろとバタバタしてて相変わらずの更新頻度ですが、先週行われた、ワタルナイトのご報告ですよ。いろんな意味で、サプライズの多い一夜でした。

◎集結のサプライズ!
とりあえず、チケット1枚頼まれていたのはあったんだけど、結局、知り合いのワタル仲間が続々と新宿に集結してくる訳で。時間まで食事でもしながら適当にダベってようってことになって、どこぞのパスタ屋で時間つぶしてたんだけど。まったく別行動をとっていた別の知り合いの方が、同じパスタ屋のすぐ後ろの席で食事をとっていた訳で。最初はお互いまったく気づかなかったのだけど、どうも、我々のヲタトークが向うのセンサーに反応したようで(笑)。結局、最後は10人近くの大人数で会場に向かったという。いやぁ、やはり、同じオーラを発する人間は引き寄せ合うのですね(笑)。

◎ゲストのサプライズ!
当初発表されていたトークショーのゲストは、芦田豊雄師匠と広井王子氏。それに、直前くらいになって、井内秀治監督がいらっしゃるという情報は入手していたのだけど。会場に用意されていたゲストのイスはなぜか4つ。アレ?1つ多くね?なんてことを考えておりましたら、もう、トークショーが始まる時間。場内アナウンスが流れます。
「ゲストを紹介します。いうちひでじさんと、ひろいおうじさんです。」
………アレ??芦田師匠、出てきません。と、ここで、衝撃の発表!なんと、芦田師匠は、夏バテ&夏風邪で医者に止められ、会場に来られないとのこと!なんですとぉ!?
と、いうことで、急遽、ピンチヒッターとして呼ばれたゲストがいるとのこと。残りのイスは2名。果たして誰!?
………おー、なにやら、女性のシルエットが2名、見えます。ステージに上がったお二方が、衝撃のご挨拶!

「ノリで~す」「ヒサで~す」「アヂアヂで~す」
「すきなのみものは、」「ぎゅうにゅうで~す」


……………え~~~……………
a・chi-a・chiの2人にしては、老け過ぎ様子が変です。

最初、髪型が変わってて、分からなかったのだけど、ワタルといえば、忘れてはいけない、このお二方が、今日の、サプライズゲストだったのです!

「こんばんは、吉永小百合です。」
「こんばんは、松嶋菜々子です。」


………違います。
違いますが、このボケも、たまらなく懐かしい(笑)。

そう、ワタル役の田中真弓さんと、虎王役の伊倉一恵さんが、トークショーに参加してくれたのです。これはもう、会場大盛り上がりさ!
当初予定のオッサン3人のトークより、よっぽど盛り上がったのではないかと(殴)

◎トークショーのサプライズ!
これまで、ワタル関係のイベントに、広井王子氏が参加したことって、ほとんどなかったし、広井氏自身も、あまり、ワタルのことを公の場で話すことって、なかった。だから、この日のトークショーは、今まで明かされていなかった、設定や、オトナの事情にいたるまで(笑)、かなり興味深い話を、いろいろ聞くことができましたよ。
・ワタルの企画が始まったのは1986年、井内監督が参加したのは1987年から。
・広井氏はもともと食玩のオマケを作っていた。が、某「ネクロスの要塞」以降、もうオマケはやらないとカ◎ヤに言われ、今度は別のこと、物語とかをやりたいといったら、サンライズを紹介され、タカラにプレゼンするから企画出せと言われた。これがワタルの企画になった、と。
・ワタルは当初、視聴率が3%代で、打ち切りの話もあったが、玩具が売れに売たので、そのまま継続となって、視聴率も徐々に上がっていった。このため、早々に「2期をやろう」という企画がたちあがった。
・ワタルの次がグランゾートが決まっていたので、その後ワタル2を放送し、その後、某水戸黄門みたく、ワタル→グランゾート→ワタル→グランゾートを交互にやろうという話もあった。
・しかし、ワンコインで買えたワタルのプラクションに対して、グランゾートのプラクションは高くなってしまい、思うように売り上げが上がらなかった。よって、ワタルのように、玩具が視聴率に貢献する、ということにはならなかった。
・今思えば、ワタル1が終わったらすぐにワタル2をやるべきだったと後悔しているとか。某AKB48のように、勢いに乗ったらそのまま走り続けるべきだった、とか、余談的トークも(笑)
・こういう子供向けの番組は今でもやりたいし、また、需要はあると思う。でも、今のご時勢、スポンサーも体力がなく、子供向けの番組は非常に作りにくくなっている。なので、深夜にパンツを見せたりしてソフトで稼ごうという作品が必然的に多くなってきている。
・田中さん主演の某「腕が伸びる主人公」の作品は、設定がしっかりししすぎているので逆に低学年の子供達がとっつきにくいのではないか。やはり、気楽に見られて元気になれる子供向けアニメはいいなぁ…とのこと。
・トークショーのアナウンスで、井内監督を「いうちひでじ」と紹介され、田中さんも伊倉さんも「いうちしゅうじさんでしょ。アナウンスのおねーちゃん間違えた~」と思ったそうだが、井内監督は「実は、本名は『ひでじ』で、監督の時は『しゅうじ』と読ませていたとのこと。が、今はゴッチャになってきているので、正直、どちらでもいい」と淡々と(笑)答えておられました。(田中さんに「だったら井内龍神丸でもいいんかい!」とツッコまれてました)
・名前と言えば、広井さんはお子さんに(本気で)龍神丸という名前をつけたいと思っていたが、奥様に猛反対され、しかたなく、「りゅう」という名前にしたとのこと。

他にもいろいろと聞くことができ、これだけでも、行ってよかったと、思えるイベントでした。

◎プレゼントのサプライズ!
なんと、欠席した芦田師匠から、プレゼントがあるとのこと。直筆色紙と、ポスター(の、裏に描かれた直筆ワタル)。これを、会場の2名の方にプレゼント!ということになって、田中さん、伊倉さんそれぞれと全員ジャンケン。結局、知り合い連中は入手することはできなかったけど、最後に勝ち残った男性に名前を聞いたら、「◎◎ワタルです」って。
広井氏、感動して、おもわずあっつい抱擁を…(笑)
ワタルサイン色紙
なお、賞品は、当選者のご好意により、みんなに公開していただいていました。

◎上映会のサプライズ!
さて、夢のようなトークショーが終わり、いよいよ、上映会が始まります。
じつは、始まる直前に、とある方から何を上映するのかを教えていただいていたのですが、それによると、
「第1話」と、「ワタルがワンワン」と「虎王の正体が、実は…」と「最終回のひとつ前」と聞いていたので、あぁ、アレとアレとアレとアレね、と、思っていたのですが、実際に上映されたのは…
第1話 救世主は小学四年生
第29話 変身!ワタルのわんわん物語
第39話 虎王は宿命のライバル
第43話 決戦!ドアクアー対ワタル
………ま、ま、まぁ、ある意味、「最終回のひとつ前」と、いえないこともないけれど……
あんなところで終わらせるなんて、消化不良もいいところじゃね?(笑)

あとは、予定どおり、2回の休憩を挟んで、OVA『真魔神英雄伝ワタル 魔神山編』の前後編と、『魔神英雄伝ワタル 終わりなき時の物語』全3話が上映された訳ですが……
スミマセン、もうひとつ、言わせてもらっていいですか?
『魔神英雄伝ワタル 終わりなき時の物語』というのは、魔界の力で、創界山の魔神がすべて動かなくなってしまう話なわけで…ストーリーも、虎王伝説に近い、結構シリアスな話になっているわけですよ。
つまり、ワタルという作品につきものの、魔神バトルや、ギャグ要素がほとんど出てこない訳で……悪くいうと、盛り上がらないのです。それを、夜中の2時や3時という、いっちゃん眠気のピークの時間帯に見せられるのは、ちぃとツラいなぁ…と、思うところがあったわけで。
ま、でも、久しぶりに見られたっていう意味では、よかったけどね。

◎終了のサプライズ!
しかししかし、今回、一番のサプライズといえば、なんといっても、コレですよ!

上映が、夜中の3時半に終わってしまったこと。

………ったく、公式の予定表では、翌日5:00上映終了予定って、書いてあったじゃないか!
それを、3:30終了ってーのは、どーゆーこってい!
いくら新宿とはいえ、こんな時刻に電車が動いているハズもなく…
というか、これ、予定どおり、5:00まで上映してたら、あと3~4本は、上映出来たんじゃないかい?

……と、まぁ、こんな感じで、なんともサプライズの多いイベントだったけど、でも、行って損はなかった!と、いってもいい、とは、思います。

これで、もうちっと段取りよく進行してくれたら、ぜひとも、また、来年、やってほしいものですが…
ムリかな??

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/545-5271868f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。