Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/487-39a32984

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

竜神と共に秋をめでる。

例によって今更ですが、3連休の話題なんぞを……

3連休の中日は、人並みに(?)、紅葉を堪能してまいりました。まぁ、今回は、乗り鉄ではなくって、格安バスツアーなんですが(笑)

東京駅から、首都高、常磐道を通り、最初の目的地は、竜神峡の大吊橋!ちょいと字が違うけど、竜神と聞いて、反応する人も多いでしょ(笑)
竜神大吊橋1
この橋は全長446m、歩行者専用としては本州一の長さの吊橋なのだそうな。吊橋といっても、いつぞやの寸又峡のような板だけの吊橋と違って、かなり頑丈な造りになってるので、多少ゆれる以外は、危なっかしいことは何もありません。まぁ、端の途中に下が見える透明なところがあって、そこから下を見ると、ちぃとばっかし怖いかな、と、その程度。冒険好きには、物足りないかも、ですな(謎)。
竜神大吊橋2
橋の向こう側には、ありがた~い、竜神様の絵が描かれていました。
竜神峡紅葉まつり
そして、橋のこちら側では、なにやらお祭りが……
鳴子竜神会の皆さんが、パフォーマンスしてました。ただ、こちらの竜神様は、ちぃとばかし、年季が入りすぎていて、ところどころハゲてしまっているのが、なんとも……
竜神さまですか?
こんなのもありました。この橋を守ってくださっている、ありがた~い竜神様なのでしょうけど……
オイラにはキツネと馬のキメラにしか見えんかった(笑)
ま、まぁ、こんな感じで、竜神峡に、竜神大吊橋、竜神ダムに竜の里公園と、竜にまつわるものがたくさんありますので、竜好きには結構たまらん場所だと思います。機会があったら、是非、訪れてみてください。

そして、次に向かったのが、袋田の滝
袋田の滝
ここは、華厳滝、那智滝とともに日本三名瀑のひとつに挙げられる場合もあり、日本の滝百選にも選定されているところ。夏と冬は来たことあるんだけど、紅葉シーズンは、おそらく初めて。ここは、滝を見に行くのにトンネル(有料)抜けていくんだけど、下から見上げることしか、できなかったんだよね。それが、去年、新しい観瀑台ができて、エレベーターで、上まで上がれるようになった。これで、滝の上のほうまで、全部見えるようになったんだよね。下から見上げると圧巻だけど、上から見下ろすと、水が集まって大きくなっていく、大自然のパワーのようなものが感じられます。ちなみに、冬場は、この滝が凍りつくんだよね。んで、この滝に登ろうとするツワモノがいるんだとか。すごいねぇ。
でも、冬場の凍りついた滝も、また、いいもんですよ!

花貫渓谷
そして、最後は、花貫渓谷へ。ここは、初めて来たんだけど、紅葉の名所らしい。残念ながら、ちぃとばかし、紅葉のピークは過ぎてしまっていたかな…という感じだったけど、散策するには、いい場所です。こちらも、途中に吊橋があるんですが、こちらの吊橋は、いかにも吊橋っぽく、適度にチープな感じで、なかなかいいですよ(笑)。

てなことで、3連休の中日は、また、ちょっといい意味での旅に出てました。
いやぁ、やっぱ、旅はいいもんですねぇ。w

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/487-39a32984

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。