Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/467-c139b670

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ツーデーパス 信州上田サマーウォーズ巡礼の旅 しょの弐

さて!
サマーウォーズ劇中で健二が向かうことになる、陣内家ですが、これは、砥石・米山城跡付近にあったという設定になっています。
劇中では、上田駅から電車とバスを乗り継いで向かったということになっていますが、実際に上田駅から出る上田電鉄別所線は、砥石・米山城跡方面には向かわず、まるで正反対の別所温泉方面に向かいます。もっとも、劇中では、電車の行き先は別所温泉ではなく「角間温泉」行きとなっていますから、コレは、上田電鉄別所線に似た「別の線」という設定なのかもしれませんね……
確かに、角間温泉なら、方向的には合っていますし。

ということで、この電車自体は架空の設定ということになってしまいましたが、その後、健二たちが降りる「伊勢山」バス停。これは、実在しています。

上田駅前から、上電バス・菅平高原方面行きへ乗車。
上電バス菅平線
さすがに、劇中と同じ青いバスというわけには行きませんでした(^^;)。
あのモデルになったバスは、現在は廃車となり、運行されていないそうです。残念。

ちなみに、これからバスでお出かけを考えている方は、バスの時刻だけは、しっかりと確認しておくことをお忘れなく!平日こそ複数の路線が走り、そこそこの本数が運行されていますが、日曜・祝日で伊勢山バス停を通るのは菅平線のみ、約1時間に1本、1日12本しかありませんから!

上田駅を11:35に出発したバスは、しばらく上田市街を走ります。やっと市街を抜け、なんとな~く山道っぽくなってきたかな、と、いうあたりで、目的地に到着です。
伊勢山バス停
上田駅からバスで約20分、400円。もっと、思いっきり山奥なのかと思って行くと、案外拍子抜けだったりします。

砥石米山城跡入口
バス停からちょっと歩くと、砥石城跡・米山城跡入口の案内が見えてきます。バス通り沿いだから、迷うことはないでしょう。やっぱりここも、サマーウォーズ!
砥石米山城跡入口拡大
巡礼者向けの丁寧なご案内もついています(笑)。
案内に沿って道なりに歩いていくと、ほどなく砥石・米山城跡の看板が見えてきます。やっぱりここも、サマーウォーズ!
砥石・米山城跡看板
矢印に沿って歩いていくと、駐車場がありました。
砥石米山城跡駐車場
ここが、まさに、陣内家があったとされる場所そのものです!ちょ~っと、感激!!と、言いたいところだけど……
砥石米山城跡駐車場トイレ
トイレの前で、「夏希のふるさと陣内家の設定場所は、ここです」と、言われてもねぇ…(汗)

気を取り直して、せっかくなので、こいこいマップにも載っている、砥石米山城跡から見た景色というのを見に行ってみましょ……と、軽い気持ちで山道を登り始めますた……

登り始めてすぐのところに、休憩所のようなものがあり、パンフレットと記帳ノートが置いてありました。
砥石米山休憩所
興味本位で記帳ノートを見てみました。
砥石米山休憩所ノート
うひゃひゃ、やっぱり、こうなるよね………。
僕も、ヒトコト、残してきたので、今行くと、でんきの電のメッセージが見られるかもしれません(笑)

さて、そんなこんなで、山道を登っていき、途中までは、楽勝だったのですが…
砥石米山城跡山道
このあたりを過ぎた頃から、急に道が険しくなってきて、ロープづたいじゃないと登れないくらいになってきて……おまけに、9月も後半だというのに、よ~く晴れ渡って、夏顔負けの暑さ!危うく、脱水症状でぶっ倒れそうになりましたですよ……山をナメてはいけませんな。
う~ん これこそまさに、サマーウォーズ!(謎)
これから登ってみようとお考えの皆さん!あらかじめ聞いておきます。
覚悟はあるかい?(笑)

ヒーコラいいながら、それでもなんとか山頂にたどり着きました。
砥石米山城跡より
ここまでの道のりは大変でしたが、絶景でした……
夏希先輩も、こんな景色を見ていたのですね。

さて。登りは死にそうになりましたが、下りはわりかしサクサクと降りてこられたので、バスで上田市街へ戻ります。これからは、こいこいマップを元に、ロケ地巡り&スタンプ集めです。

上田駅のスタンプはすでに押してあったので、まずは、2つ目のスタンプを押しに、岡崎酒造へ。
岡崎酒造
アレ?でも、ここって、直接サマーウォーズとは関係ないような…
ま、まぁ、ここの近くのドコモショップでは、サマーウォーズパネル展をやっているので、よしとしましょう(何を?)
この通り、ちょうど小江戸川越と同じような雰囲気で、なかなかいい味だしてます。
僕は、日本酒あまり飲めないので、ここはスタンプだけ押してスルー。ごめんなさいね。

真田太平記館
3つ目のスタンプは、コチラ。駅に向かう通り沿いにある、池波正太郎真田太平記館です。ここは、作家・池波正太郎氏と、その作品『真田太平記』の魅力について紹介しているそうです。でも僕は『真田太平記』あまりよく知らないので、ここもスタンプだけ押してスルー。ごめんなさいね。(ヲィ)

さて。駅へと続く道、中央2丁目交差点を右折し、道なりに行くと、やがてたどり着く場所が……

上田城東虎口櫓門

………何これ?………

〔つづく〕
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/467-c139b670

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。