Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/452-e8dfd545

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

サマーウォーズ!

昨日の話ではありますが、『サマーウォーズ』!公開初日!新宿バルト9!見てきましたよぉ。

これね、何の予備知識もないときに、劇場で予告を見たんですけど。
わずか2分弱の映像を見て、これは絶対面白そうだ!見たい!って思える作品だったのですよ。


フィアンセ代役。
90歳のおばあちゃん。
田舎の大家族。
……電脳世界。
世界崩壊の危機。
合戦。
人類の未来。
……そして、『時をかける少女』のスタッフ再集結。

なんとも、期待大オーラ満載じゃありませんか?



で。

正直、やっぱり、期待通り、面白かった!

20人を超える大家族が出て来るんで、まずはその人間関係を把握するのが結構大変なのだけど、それはパンフレットに家計図が載ってるし、そこまで細かく把握しなくてもストーリーはわかるので問題ナッシング。

物語は電脳世界から始まるので、その世界観を理解するのも、問題ないでしょう。
特に難解な設定もなく、すんなりと物語に入っていけるハズ。世界観を理解するのに頭を使わなくちゃいけない作品というのは、ダメダメなんですが、これはグッド!

まぁ
数学の超天才と
警視総監にも顔が利くおばあちゃんと
格闘ゲームの世界チャンピオンと
世界的超AIの開発者が一同に集結していたりとか
田舎の一電器屋にスーパーコンピュータの在庫があったりとか

結構ムチャな部分もありますが、それらを抜きにしても、十分、娯楽映画として楽しめるものになっています。
自分的には、夏の映画としては、某ヱヴァ:破よりも、こっちの方がいいかな。
比較してしまって悪いけど、『時をかける少女』よりも、僕はこちらの方が好き。

もう1回見たい!そう思わせる作品でしたね。
ん~、コレは、ブルーレイとか出たら買っちゃうかも。

鉄的には、新幹線や上田電鉄の描写が(行先はともかくとして)リアルなのも、ポイント高いですね、特にあの丸窓とか(そこかいっ!(笑))。う~ん、乗ってみたくなってきた!(こないだ長野に行ったときは、時間の都合で乗れなかったからなぁ…)
余談ですが、実写版こち亀のドラマが始まったんで、チラッと見てみたんですが、亀有にあんな電車が走ってるわけないじゃないですか。(どう見ても東葉高速鉄道…)場所を限定しているんだったら、もちっとリアルにしてもらわないと。その時点で、アレはもう、ダメダメです(笑)

話がそれましたが。

とにかく、コレは、見て損はない作品。是非、劇場の大スクリーンで、ご覧になることを、オススメします。なぜか前売券の裏には、上映劇場が9個しか載っていないんですが、そんなことはありません!北は北海道から南は沖縄まで、全国各地で上映されていますので、お近くの劇場まで、足を運んでみてはいかがなものかと。


最後に……
キングカズマ
キ~ング・カズマ!あなた、最高です!(笑)

おすすめマークホイ!★★★★★

サマーウォーズ 公式ガイドブック  SUMMER DAYS MEMORYサマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY
(2009/07/29)
ニュータイプ

商品詳細を見る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/452-e8dfd545

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。