Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/422-2aba4292

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

牛に引かれて… しょの壱

今年は数え年で七年に一度の限定イベント(笑)、善光寺御開帳の年にあたります。門外不出の御本尊の身代わりの前立本尊は、中央に阿弥陀如来、右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、一体で三度おいしい(違)、ありがた~い仏さま。普段は御宝庫に安置されているのですが、七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことができるのだそうです。そして、阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸にかわり、白い善の綱として、本堂前の回向柱(えこうばしら)に結ばれます。その回向柱に触れると、前立本尊様に触れたのと同じ、ありがた~いご利益があり、来世の幸せが約束されるのだそうです。去年はいろいろ不運続きだったので(>_<;)、そのご利益に預かろうと、あいにくの雨模様の中、先日の日曜日、日帰りで行ってまいりました。来週の土日はワタル関係のイベントが立て続けにあり、また、最終日あたりだとメチャ混み必至なので、ここしか行く機会がない!ということで急遽決行いたしました。次の御開帳の頃にはいい加減、いいオッサンだし、それまで生きてる保障もないしな(おぃおぃ)。

とゆー、長い前置きでございましたが、今回の旅の目的の半分はやっぱり鉄分補給だったりします(笑)今回はまったくの個人旅行なので、行き帰りのプランやルートは自由。存分に鉄分補給できそうです。でも、日帰りだし、翌日は仕事なので、いくらなんでも無計画で行くのは無謀すぎます。今回は「長野電鉄」と「しなの鉄道」に乗るのがもうひとつの目的なので、なにかいいフリーきっぷみたいなのがないかと探してみたら、ありました!信州北回廊パス。長野駅を中心に、フリーエリア内のJR、長野電鉄、しなの鉄道の普通列車・快速の普通車自由席と川中島バス(長野~松代間、長野駅~善光寺間【びんずる号】が乗り降り自由なおトクなきっぷらしいです。これなら長野電鉄を湯田中まで1往復&しなの鉄道上田まで乗れば元がとれるし、ヘバったらバスにも乗れます(笑)。コレを使うことに決定です。

でも、まずは、現地に行かなきゃ話になんないよね。とゆーことで、行き、長野までは、奮発して(?)、新幹線です。奮発してといっても、ちょ~~っとでも安いに越したことは無いので、前日のうちに時間とルートを確認し、金券ショップでチケットを調達し、指定をとっておきます。準備はこれだけ(笑)。

日曜日、上野発8:22の「あさま563号」で長野に向かいます。長野新幹線って、部分的には乗ったけど、実は長野まで通しで乗るのって、今回が初めてだったりします。18きっぷじゃ乗れないからね(笑)さすがに新幹線は速くって、10時前には長野に到着です。
JR長野駅

さぁ、早速善光寺に……行くわけないでしょ。まずは鉄が先です(笑)。長野電鉄乗り場に向かい、長野発10:49発の特急「ゆけむり」を狙います。先ほど長野駅で購入した信州北回廊パスに、100円プラスで特急に乗れます。いいねぇ、いまどき100円!某ホームライナーより安いですよ(笑)
長野電鉄長野駅
長野電鉄の長野駅は、地方私鉄には珍しく完全地下式。地下鉄の駅のようです。ちなみに、アニ◎イトはこのすぐ裏手にあります。よ~くみると看板が写ってます(笑)。
長野電鉄長野駅ホーム
うぉっ、すげー。小田急と東急が並んで止まってる……ように見える(笑)。東京ではあり得ない光景です。

鉄な方ならご存知と思いますが、「ゆけむり」に使用される1000系は、元小田急HiSE、10000形。4両に短縮されてはいますが、塗色や内装など、ほぼそのまんまです。小田急時代は展望席なんてまず取れませんでしたが、こちらでは全席自由席&さほど混んでいないので、存分に展望席を満喫することができます……晴れてれば。この日は雨だったのであまり展望がよくなかったのが残念すぎます(T_T)。

長野を出発した「ゆけむり」は、権藤、善光寺下(御開帳期間のみ停車)と停車し、善光寺下を過ぎると地下から地上に出ます。朝陽駅までは複線だし、街中を走るので、東京の大手私鉄と比べても遜色ない走りっぷりです。が、単線区間に突入すると、とたんに地方私鉄っぽい雰囲気になりますね。「ゆけむり」は善光寺下を出ると次の停車駅は須坂です。須坂からは同じく長野電鉄の屋代線が出ているのですが、こっちはまた、別の機会に乗ることにします。須坂を出ると、小布施、信州中野と停車し、次はもう、終点・湯田中です。所要時間・約45分。あっという間です。
湯田中駅駅名標
ここにはかつて、鉄には有名なスイッチバックがあったのですが…
湯田中駅
今はこのとおり、1面1線のつまらん終着駅になってしまいました。
湯田中スイッチバック跡
かつてのスイッチバックの跡です。すでに踏切もレールもありません。
湯田中駅舎
駅には「楓の湯」という日帰り入浴施設が併設されています。
湯田中足湯
駅前には足湯があります。もちろん無料!

当初の計画では、ここで1時間ほど時間をつぶし、12:39発・上り長野行き普通で帰る予定でした。

が、ここで、思いもよらない事態により、計画が狂ったのです。
(次回につづく!)

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/422-2aba4292

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。