Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/283-883d5136

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スマタとアプト

えっちぃ話題はないですよ(殴)

『大井川アプト式鉄道と紅葉の寸又峡 夢の吊り橋散策ツアー』というバスツアーに参加してきました………といっても、1週間たっちまったんですが(*_*)。多忙のためなかなか書き込めませんでした。つーことで、1週間前をプレイバックしつつ…

新宿を朝7時に出発し、東名高速を西へ。焼津ICから降りて、一路、静岡県は寸又峡へ向かいます。

寸又峡1
寸又峡温泉は、山間の小さな温泉郷。美肌効果があるとされ、「美人の湯」といわれ、特に女性には、隠れた人気スポットなのだそうです。んがしかし、今回は日帰り&もうひとつのメインイベントのため、温泉はナシ。紅葉をながめつつの散策です。目的スポットのひとつは、大間ダム湖にかかる、『夢の吊り橋』。長さ90m、高さ8m。眼前の湖はエメラルドグリーンに染まり(チンダル現象でそう見えるそうだ。チンダル現象……むか~し、化学の時間にやったなぁ(笑))、周りの紅葉とあいまって、それはそれは幻想的な光景です。紅葉がもうちょっと進んでいたら、なおよかったかなぁ。
夢の吊り橋
↑これが、夢の吊り橋です。なにが夢なのかというと、なんでも、橋の真ん中で若い女性が恋の成熟を祈ると夢が叶うという、ロマンチックな言い伝えがあるのだそうです……って、女性限定かよ、しかも若い……
まぁ、それはさておき、この吊り橋、遠目に見るといい景色ですが、実際に渡ってみると、結構怖いです。なにしろ、
寸又峡3

↑ど、どこの冒険アトラクションですかっ!?こ、こんなんだし、グラグラ揺れるし、「夢の…」どころか、「恐怖の」なんですけど~~~~~~~~~~~っ
橋の手前にはおじさんがいて、順番に渡らせてくれます。なにしろ、「危険ですので10人以上は渡らないでください」とかゆー看板がでてるくらいですから。でも、おじさん?どう見ても、20人くらい渡ってるような気がしますよ?橋も怖いけど、そっちの方がもっと怖いわぁ~~~~っ!!!

それでもなんとか橋が落ちる事もなく(笑)、寸又峡を後にして、次の目的地、そして、自分的にはこっちの方がメインイベント、大井川鐵道井川線の接岨峡温泉駅へ向かいます。
接岨峡温泉駅
大井川鐵道井川線、通称「南アルプスあぷとライン」は、その名の通り、現在、日本で唯一のアプト式区間のある路線です。アプト式って、何?とゆー方は、こちらで勉強してね。長島ダム建設に伴い一部区間がダムに没み、代わりに敷設された長島ダム駅~アプトいちしろ駅間に、90.0‰という高低差があるので、アプト式を採用しているんです。90.0‰というのは、1000m進んで90mの高低差があるという事。車ではたいした事ないですが、鉄道にはものすごい急勾配なんですよ。

あぷとライン

見て見て~っ、列車が入って来たよ~っ これから乗るんだよ~っ ワクワクするよねぇ~っ(横見風檜山ボイスで)
この駅を発着する列車は一日わずか6本。15:09、接岨峡温泉駅を出発です。この路線はトンネルと急カーブが多く、また、車両も小さく、まさに山間鉄道の雰囲気たっぷりです。接岨峡温泉駅を出発した列車は、奥大井湖上駅(本当に、湖の真上に、駅があるんだねぇ)、ひらんだ駅と停車し、いよいよ、アプト式の入り口、長島ダム駅に到着です。

長島ダム駅

見て見て~っ、この駅で、アプト式のED90形電気機関車を連結するんだよ~っ 井川線は非電化だけど、アプト式のこの区間だけ、電化されてるんだよ~っ これからいよいよ、日本唯一のアプト式区間に突入だよ~っ すごいねぇ~っ ワクワクするよねぇ~っ(横見風檜山ボイスで)
はい、ワクワクします。ただ、駅構内からアプト式な訳じゃないので、実際、乗ってしまうと、よくわからないんだよね。単線だし。あ、今、ラックがきたかな?ってーのが微妙にわかるくらい(笑)それでも、アプトいちしろ駅進入前に、なんとか撮影できました。

アプト線路

見て見て~っ、レールの間にラックレールが見えるでしょ~っ!? ここに歯車を噛み合わせて、急勾配を上ったり下ったりするんだよ~っ すごいでしょ~っ すごいよねぇ~っ(横見風檜山ボイスで)

アプトいちしろ駅で電気機関車を切り離し、列車は、再び山間を進んでいきます。そして、定刻通りに奥泉駅に到着です。(世界の車窓から風オーナーボイスで)
奥泉駅

列車はこの後、終点の千頭駅に向かうんだけど、残念ながら今回のツアーでの乗車はここまで。この後、ふたたびバスに乗車し、一路、東京を目指します。

と、ゆーことで、日帰りで少々慌ただしい旅ではあったけれど、寸又峡の大自然を満喫しつつ、アプトで鉄分を補給できた、なかなかいい旅ではありました。途中、行楽シーズンで交通規制がひかれてて、井川線の列車を予定していたものより1本送らせる、というハプニング(?)はあったけど、結果的には、その方がよかったと思う。寸又峡90分滞在予定が倍以上延びたんだけど、予定通りに進んでいたら、とてもとても、散策を満喫する時間なんかなかったから。90分じゃまわりきれねーっすよ、あんなとこ!

と、ゆーことで、あれから1週間… いやぁ、ホントに先週はキツかったなぁ。忙しくって。今日はのんびりまったり、過ごしてますですよ…。あぁ、でも、やっぱ、旅はええわぁ。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/283-883d5136

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。