Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/156-7ba59d8d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

お待たせ!?ブレイブ・ストーリー

日曜日の映画レビュー第2段。おまちかね(?)の、ブレイブ・ストーリーです。この作品はね、もともと、ワタルという少年が異世界に行って、仲間とともに、困難を乗り越えつつ、冒険の旅を繰り広げるという、どこぞで聞いたような(笑)設定の、宮部みゆきさんの小説があって、面白いぞーというウワサをネット(発信源は、やはりというか、ワタク関係の誰かだったような…)で聞きまして、非常に興味を持ったんですよ。自分の頭の中では、宮部さん=ミステリー作家、というイメージがありまして、そういう人が書くファンタジー小説って、どういうんだろう??という意味でもね。それが、たまたま、会社の読書好きの女性で、「ブレイブ・ストーリー」上下巻と、「ICO」(←同じく宮部さんの作品で、PS2のゲーム「ICO」の世界観をもとにノベライズしたもの)を持ってる方がいまして、半ば強制的に借りてきたのですねw(借りてから知ったのだが、宮部さん、かなりのゲーマーらしいっすね。1年のうち360日はゲームしてるとかw)

まぁ、その、「ブレイブ・ストーリー」の原作といったら、1冊あたり600ページ超、2冊合わせて千数百ページ、挿絵いっさいナシ!という、自分にとっては、途方もない分量w。それでも、読み始めると、どんどん、その世界観に引き込まれていったのですね。その当時から、自分の頭の中では、これを映像化したら、面白いだろうな、という思いは、あったのですよ。だから、映画化のニュースを聞いたときは、思わず「おぉ~~~っ」と、叫びそうになりました(笑)

さて、それでもって、映画の方なんですが。もともと、あの膨大な原作を2時間に収めるのは、実際、かなり至難を極めたと思うのですよ。TVシリーズで2クールやったっておかしくない内容なんだから。
それは、まぁ、なんとかうまいことまとめたなぁ、というところはありますけど、やっぱり、急ぎすぎの感は否定できませんね。映画では、ワタルくん、わりとあっさり幻界(ヴィジョン)にいっちゃってますけど、原作では、現世(うつしよ)の話だけで300ページ近くありますからね。あの廃ビルの所有者とその娘とのエピソード。亘(わたる)の伯父、祖母とのエピソード。(そう、現世での亘はあくまで「三谷亘」であって、ワタルではないのです。原作では、明確に区別されています)おとっつぁんと愛人とのエピソード。ガス自殺をはかったおかっつぁんのエピソード。(←そう、原作では、「自殺未遂」なんです。ドロドロした、男と女の人間模様を垣間見せてくれます。ぉぃぉぃ、2時間サスペンスかよ、やっぱ宮部さんの作品だぁ、みたいな(笑))そのあたりが、まるごとカットされたり、あっさりと扱われたりしてますけど、実際は、亘クン、現世でかなりいろんな目にあってるのですよ。若干11歳で人生否定したくなるのもわかりますw
映画での現世の美鶴(みつる)は、クールだけど割といいヤツっぽく書かれてますが、原作の美鶴は、もっとクールで、もっととっつきにくくて、もっとミステリアスなヤツなのです。わかりやすく例えるなら、虎王伝説の御形 渉のような……(余計、わかんねーよ)
そして、幻界。これはもう、見た人ならわかると思うけど、重要なエピソードを抜粋して、間をつなげたというような、まさにかけ足。宝玉も、あっという間に5つ揃っちゃったしね。映画では最後の最後に出てきた〇〇〇〇〇だけど、原作では、延々とつきまとわれ、ワタルを苦しめるのです。そう、まるで、ゲド戦記で影におびえるアレンのように……って、こんなトコロでシンクロかいっ!w
他にも、シュテンゲル騎士団、老神教(注:温泉とは関係ありません)、女神教、風船(かざぶね)、北の凶星(まがぼし)、ハルネラなどといった、物語上重要な要素が、根こそぎ、そぎ落とされちゃってますね。まぁ、かなり複雑な設定なので、これを盛り込んだら、とてもとても2時間では収まりませんが…

と、ゆーことで、ストーリー……というか、脚本的には、無難に、わかりやすくまとまってはいるけれど、当然のように、かなりの部分が端折られちゃってます。ワタルの本当の冒険は、こんなもんじゃありません。映画を見て、興味を持ったら、是非、原作を読んでみてください。今は、文庫サイズでも出ているので(通常の角川文庫は上中下の全3巻。角川スニーカー文庫では全4巻)、通勤通学タイムでもお気軽に読めるかと思います。

おすすめマークホイ!★★★

原作もあわせて読めば
おすすめマークホイ!★★★★★


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/156-7ba59d8d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。