Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/155-9b7e0a9d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ゲド戦記(劇場版)

ん? 有楽町のソフマップって、いつのまにか、ビックカメラの別館になっちゃったのね。つーことで、日曜日、予告どおり、行ってきました。日テレvsフジテレビの頂上対決……。じゃなくって。ゲドとブレイブ。2作品制覇。今日は、ゲド戦記について書いてみたいですが、例によって、極力ネタバレになる記述は控えますが、まっさらな気持ちで鑑賞した方は、ここから先は読まないで下さい。さようなら。



はい、例によって、読みたい人ばかりになったところで。まぁ、ご存じかと思いますが、この作品、評価はもう、ケチョンケチョンです。脚本から勉強しろだの、全然盛り上がらないだの、ストーリーが破綻してるだの……
でもね、個人的な意見を言わせてもらえば、この作品、ここ何年かのジブリ作品の中では、結構楽しめた方なんです。えぇ、確かに、途中中だるみして、睡魔に襲われたシーンもありましたよ。でも、少なくとも、「もののけ姫」や「千と千尋…」や「ハウル…」(は、どうだかよく知らんけど)が、なぜあんなに国際的に評価されるのか、その方が不思議でしょうがない。これらはどれも劇場で見てますけど、自分的には見終わった後「はぁ、そうですか…」でおわり。まるで盛り上がる要素がなかったのです。(以前も書きましたが、自分の中での歴代ジブリ作品の最高傑作はラピュタです。あれはもう、本当に、何度も何度も繰り返して見ましたが、決して飽きる事がありません。)それらの作品と比べると、少なくとも、ストーリーに共感できるところはありましたし、世界観が古き良きジブリ作品(そう、それこそ、ラピュタのような)を彷佛とさせて、すんなりと入っていけました。(ま、悪く言えばパクリだけど。この世界観、どこかで見た事あるなぁ…と思ってたら、原案:『シュナの旅』(宮崎駿著)でしたか。なるほど。)原作ファンの方にとっては、物語が破綻してしまって、そりゃもうボロクソだったでしょうが、逆に、僕は原作をまったく知らない分、変な先入観もなく、あぁ、こういう物語なのか、と、すんなり受け入れてしまったのですね。もともと、ファンタジーは好きな方ですから、ああいう世界観にも違和感なかったし。

この作品、タイトルは『ゲド戦記』で、原作はもちろん、ゲドの成長物語(らしい)なのですが、劇場版については、ゲドはほとんど脇役、というかアドバイザー的役割で、主人公はアレンとテルーの2人。そう割り切って見た方がいいです。

結論。
ゲドの原作を全く知らなくて、ジブリ作品ではラピュタが最高だ!と、思っている方は
おすすめマークホイ!★★★★
ジブリは大好き。トトロとか、魔女宅とか、ほのぼのしたのがいいなぁ、と、いう方には
おすすめマークホイ!★★
原作大好き!ゲド萌え~な方
おすすめしません!原作だけで楽しんで下さい。

とりあえず、ゲドについては、こんなところで。

ゲド戦記 全6冊セット ゲド戦記 全6冊セット
アーシュラ・K・ル=グウィン (2006/05/11)
岩波書店

この商品の詳細を見る
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://denkinoden.blog27.fc2.com/tb.php/155-9b7e0a9d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

電網遊者Wataru(でんきの電)

ハンドルネーム:
電網遊者Wataru(でんきの電)
電脳の網=ネットワーク世界の遊び人、あそびにんネットワーカーと、偉大なる魔神英雄伝ワタルという作品の主人公から名前を拝借して、電網遊者Wataruです。が、オフ会の自己紹介の、「でんきの電に、じびきあみの網に…(ちなみに、いつもこのへんでストップがかかる)」で、いつのまにかすっかり「でんきの電」が定着しちゃいましたw

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

管理人にメールを送る

ブロとも申請フォーム

オススメ!











応援してます!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ガールズ&パンツァー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。